食事療法

【知らなきゃ損!?】鶏むね肉に含まれるイミダペプチドの疲労回復効果が、やっぱりすごい。

このブログでは、適応障害で静養中の私が、元気を取り戻す過程で役に立っている健康法などについて、私自身の体験談を中心に紹介しています。

なぜ私が疲労回復を心がけているのか

適応障害は、職場で受けたストレスが原因です。ストレスで身体が弱ってしまっているので、疲労回復させないと、心も元気になりません。

適応障害は、「ストレス源から遠ざかれば回復する」とよく言われますが、実体験としては、ストレッサーから遠ざかれば一瞬で切り替わる!というわけではないです。
1日8時間以上、平日に毎日出勤していて染み付いた仕事の環境から脱却するのは、仕事から完全に離れたとしても、しばらく時間がかかります。

適応障害のつらさから一日でも早く解放されたいと思って、疲労回復を心がけています。

疲労回復に最も効果が高いのは、言わずもがな、睡眠をしっかりとることです。

ただ、それだけではなくて、きちんとした食生活を送ることもかなり大切なことのようですね。
このことは今後の記事でも参考文献を紹介しながらお伝えしたいと思います。

あゆむ
あゆむ
ところで、鶏むね肉に疲労回復効果があるということは知っていましたか?
めぐみ
めぐみ
2003年頃から日本で研究されて分かってきたことなので、知っている人も多いかもしれないわね。

本日は、改めて鶏むね肉の疲労回復効果についてまとめてみましたので、ぜひご覧ください!

鶏肉の疲労回復効果について

渡り鳥が飛び続けられる不思議


渡り鳥って、ものすごく長い距離をノンストップで飛べるんですよね。とある鳥は、11日間、休まずに1万2千キロも飛べるそうです。

渡り鳥の一種「オオソリハシシギ(大反嘴鴫)」が、北米アラスカからニュージーランドまで1万2000キロ以上を11日間かけてノンストップで飛行したことがわかった。

出典元:ニューズウィーク日本版「アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り鳥の最長飛行記録更新」2020年10月19日

あゆむ
あゆむ
い、いちまんにせんきろ・・・
めぐみ
めぐみ
なぜ渡り鳥が飛び続けられるのか調べる研究が、疲労回復物質の発見に繋がったそうよ。

イミダペプチドの発見

渡り鳥が長距離を飛び続けるメカニズムの研究から、イミダペプチドという疲労回復物質が発見されたそうです。

イミダペプチドは体内に長時間留まって、高い抗酸化作用を及ぼすようですね。

2003年に始まった「産官学連携疲労定量化および抗疲労食薬開発プロジェクト」(研究予算総額16億円)で23種類の抗疲労効果が期待される物質について二重盲検法で試験を行ったところ,唯一,疲労の血液マーカー(TGF-βほか),尿中酸化ストレスマーカー,生理学的データ(パフォーマンス),そして疲労感のすべての疲労定量評価軸で,顕著な抗疲労効果が実証されたことで注目を集めました。
(中略)
イミダペプチドは,消化管に吸収された後,βアラニンとヒスチジンというアミノ酸に分解されます。このアミノ酸は,脳血管関門を容易に通過し,脳内自律神経中枢に豊富に存在するイミダペプチド合成酵素によって,再びイミダペプチドに合成され,そこで抗疲労効果を発現し続けます。つまり,最も疲れる脳の自律神経中枢で長時間にわたって産生され,その場で抗酸化力を発揮し続けるのです。

出典元:日本医事新報社「鶏胸肉などに含まれるイミダペプチドが抗疲労効果を発現する機序は?」

経口摂取されたイミダペプチドは、運動時に生体内で発生する酸化ストレスを低減させ、疲労の発生を抑制し、疲労からの回復を促進すると考えられる。

出典元:大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座「研究業績 イミダペプチド(CBEX-Dr)配合飲料の健常者における抗疲労効果. 薬理と治療 / 36(3): 199-212, 2008」

めぐみ
めぐみ
泳ぎ続けられるカツオやマグロの尾びれにも、含まれているそうよ。
あゆむ
あゆむ
すごいね、イミダペプチド。

1日に必要な鶏むね肉の量は?

研究によると、イミダペプチド200mgを3週間摂取すると疲労感が軽減するとのこと。

イミダペプチド200mgを摂取するのに必要な鶏むね肉は、1日100グラム程度と言われています。

100グラムは、手のひらと同じか少し小さいくらいです。

イミダペプチド200mgを3週間摂取すると疲労感が軽減!

出典元:大阪市立大学大学院 医学研究科 疲労医学講座「研究業績 イミダペプチド(CBEX-Dr)配合飲料の健常者における抗疲労効果. 薬理と治療 / 36(3): 199-212, 2008」

あゆむ
あゆむ
1日100グラムなら、続けられそう!
めぐみ
めぐみ
鶏むね肉なら、100グラム100円以内で買えるわね。

実際に3週間続けてみた!

3週間(ほぼ)毎日、イミダペプチドを含む食品を積極的に摂ってみました。
実際に試してみて気づいた良い変化をご紹介します!

  • 身体が軽くなった気がする!
  • 積極的に外出する気分になる!
  • 朝起きるのが楽になる!
  • 何かを続けてみること自体が心の栄養に?

身体が軽くなった気がする!

身体が軽やかになった気がします。
今までは、気が重くて、「うーん、後にしようかな・・・」という気持ちがあったのですが、今はさっと行動できるように思います。
それだけではなくて、外を歩いているときも、身体が軽い気がします。

あゆむ
あゆむ
例えば、料理していて足りない食材があると、よし買いに行こう!と思えるよ。

積極的に外出する気分になる!

静養を始めた頃は、外で身体を動かさなければと思っても、なんとなく家から出られないことが多かったです。
でも、今は、晴れていて時間ができたら買い物ついでに散歩をしたり、なんていうことが気軽にできるようになりました。

あゆむ
あゆむ
ウォーキングの効用については、今後別の記事でしっかりご紹介します。

朝起きるのが楽になる!

朝起きるのが、たしかに楽になりました。
早起きができると、いいことがたくさんありますよね。

朝ごはんをしっかり食べられるし、
午前中の時間をちゃんと使えるので1日を長く過ごせるし、
たくさん動いて疲れるので、夜は早く眠れます。
そして、次の日も早く起きられます。

あゆむ
あゆむ
いいことが無限ループ!
めぐみ
めぐみ
規則正しい生活リズムは、元気の源よね。

何かを続けてみること自体が心の栄養に?

健康のためになると考えたことを、なにかひとつでも続けてみること自体が、心が元気になっていく栄養になっているように思います。
ほら、よく「やる気は行動すると付いてくるものだ」というようなことが言われますよね。
だから、イミダペプチドの疲労回復効果と、自分が物事を続けて湧いてくるやる気の相乗効果で、心が元気になっていっているのかもしれません。

あゆむ
あゆむ
同じように心が弱っている方もこの記事を見てくれているかもしれません。一緒に元気になっていきましょうね。

終わりに

次の記事では、イミダペプチドを含む鶏むね肉をどう調理したら美味しく食べられるのか、おすすめ書籍とともにご紹介します!
それではまた!